FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:18:36
 課題として提出したシナリオを公開。
 『監獄戦艦2』より、アリシア・ビューストレームの抱き枕カバーに付属するドラマCDのシナリオを、与えられたプロットを元にして書けというものでした。
 抱き枕の画像については、ググれば出るのではないでしょうか……。
 とりあえず、そんな経緯があり執筆したものになります。
 
・初めから読む(裏面)→こちらから
・初めから読む(表面)→こちらから
・そのほかの文章コンテンツは
 「MilkClownまとめ(随時更新)」

・ぶっかけ:1分~2分
○ト
 男がアリシアに向かって精液をぶっかける。
 アリシアは口をあけて受け止める。
○アリシア
「ああぁ~……っ! ご主人様の、ドロッドロの濃厚ザーメンがぁ……、ああっ、熱いの、かかってる……! ぶっかけられたザーメン、なんて濃さだ……ぁ」
○ト
 アリシアはすっかり蕩けて、嬉しそうにしている。
○アリシア
「はぁ……、はぁ……、ザーメン、こんなにたくさん……、私に出してくれるなんて……、ははっ、嬉しい……。ふふ……ンッ!? ははは、ご主人様のザーメンを浴びながら、感触と匂いだけで、またイッてしまったみたいだ……」
○ト
 アリシアは身体に付着した精液を舐め取っていく。
○アリシア
「んふぅ……。ザーメン、おいしそ……。んちゅっ、ちゅるっ、れろ……! 濃いザーメンが、舌の上でプリプリしてる……。ペロッ、ペロッ、じゅずずぅっ! たまらない、この味ぃ……!」
○アリシア
「んれ~っ、ろっ。れろっ、れろっ、ぴちゃっ、ちゅぱっ! もったいないから、全部っ、舐めてひまうっ。れろっ、れろれろっ!」
○ト
 舐め取った精液を唾液と混ぜ合わせてから一気に飲み込む。
○アリシア
「んぅ、ぐちゅ、んぁ……っ、ゴクン……! はあぁ……、ご主人様のザーメンは最高だ。このザーメンが一番好き。一番美味しい……!」
○アリシア
「はぁ、はぁ……。また私とセックスして、ご主人様のザーメンを好きなところに出して欲しい……! ご主人様の淫乱雌穴奴隷は、体中のマンコを発情させながら、ご主人様とご主人様のチンポを待ってるからな……!」


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/1034-498fc755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。