FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:32:10
*エロいのですんで隠します。
 302号室。
 
*関連記事
 まとめはこちらから
 MilkClown過去作一覧
//CG1//

そそり立つ客の股間を眺めながら、アイナは愛撫を受けていた。

アイナ
「んぁっ、あんっ。はやくぅ、オチンポちょうだい……。まちきれないよぉ……」


「そう焦るなって。こうやって、十分にマン汁をあふれさせて……」


「アイナちゃんの好きなケツの穴にチンポぶち込んであげるからね」

アイナ
「ああん、はやくぅ、ケツ穴、待ちきれなくなってるのぉ……。ヒクヒクしてるのぉ……」


「はは、本当にケツ穴セックスが好きになってるんだな」

アイナ
「だって、みんなであたしのお尻を気持ちよくするんだもん。お尻の穴なのに、オチンポ入れる穴になっちゃったんだから」

アイナはむすっと拗ねたような顔を見せる。

客に媚びるあざとい表情は、アイナがこの娼館で働くうちに身につけたものだった。

アイナ
「だからぁ、お客様のぶっといオチンポを、あたしのケツ穴にぶち込んで……」


「わかったわかった。じゃあ、いくぞ……」

//CG2//

ずぶ……!

愛液のぬめりを頼りに、客の肉棒がアイナの尻穴へと侵入する。

アイナ
「んぁああ……! きたっ、きたきたぁっ! ケツ穴にオチンポ! ひっ、ひぃいいんっ!」


「おおぉっ! なんて食いつきだっ! チンポがちぎれそうなくらい、締め付けてくる……!」

アイナ
「んぁっ、ああっ、オチンポぶっといの。オチンポぶっとくて、ケツ穴、広がるぅっ!」

アイナ
「ひぃ、ひぃ、ひぃいいっ! ケツ穴、なかに、パンパンミチミチに、オチンポ入ってるのぉ」

アイナ
「おぉ……おぉ……! おなかの奥まで……すごいよぉ……!」


「入れただけでヒィヒィ言いやがって……! これから動くからな! おらっ!」

アイナ
「んぁああっ、ケツ穴、オチンポずぽずぽっ、ずぽずぽされてるぅっ!」

アイナ
「ぶっとくて……、硬くて熱い……、勃起オチンポが……! ああっ、ケツ穴、ほじくるのぉ!」

アイナ
「ああっ、ケツ穴、ケツ穴気持ちいいぃっ! お客様のオチンポでぇ、トロットロのスケベケツ穴になっちゃってるぅ……!」


「ケツ穴だけじゃなく、マンコも弄ってやる。おらっ、こっちはどうなんだ!」

アイナ
「オマンコも、発情しちゃってるぅっ! ケツ穴セックスしながら、オマンコもスケベ汁だくだくになってるぅっ!」


「淫乱で、正直で、本当にいやらしい身体だな! このままイカせてやるからな!」

アイナ
「イカせてっ、イカせてぇっ! あたしもケツ穴でイキたいのっ! ケツ穴アクメ、キめたいぃいいぃぃっ!」

客の腰がどんどんスピードを上げていく。

アイナ
「おっ、おっ、ケツ穴ぁっ! 突き上げられて、オチンポ突きぬけそぉおおっ!」

アイナ
「ケツ穴壊れるぅ! 開きっぱなしのバカケツ穴になっちゃよぉっ!」

アイナ
「でも、でもっ、ケツ穴にオチンポこすれるの、気持ちいいのぉっ!」

アイナ
「ずぼっ、ずぼっ、気持ちいいのが脳みそまで届いちゃってるぅっ! ああっ、頭の中ぁ、バチバチってするぅうううっ!」

アイナ
「んぅっ、ああっ、ケツ穴……ぁ……! んぉ、おっ、おおっ、おおぉっ!」

アイナ
「ひぃっ、ひぃっ、こすれっ、あなっ、あっ、気持ちいぃ……! んひぃいいっ!」

アイナ
「んぁあっ、ああっ、ああっ! んぉっ、ほっ、おほぉおおおぉぉぉっ!」

だんだんに、媚びる言葉も少なくなってくる。それほど尻穴がもたらす快感は強烈だった。

アイナ
「もぉ、おおっ、イグッ、ケツ穴イグゥッ!」


「俺もだすぞ……! おおっ、おおぉぉぉっ!」

//CG3//

ぶびゅりゅぅうううっ! どびゅくっ、びゅる、びゅるびゅるびゅるぅっ!

びゅっくんっ! びゅくびゅくっ! びゅくっ、びゅるるぅうううぅぅぅっ!

アイナ
「んほぉおおおぉぉぉおおおおっ! ああっ、熱いのぉ、がぁあああっ! きちゃってるぅっ!」

アイナ
「すっごいのぉっ! ドロドロの、精液、ケツ穴に中出しぃっ! んひぃいいいぃぃぃっ!」

射精と同時にアイナは絶頂を迎えたようで、尻穴で肉棒をきつく締めながら、全身を震わせる。


「おお、すごいぞ、どんどん吸い出されるみたいだ……!」

アイナ
「んひぃい……! 勝手に、ケツ穴動いて、精液搾っちゃってるよぉ……!」

アイナ
「んぁああ……、もう、頭が真っ白ぉ……」

//CG4//

すっかり蕩けた顔になったアイナから、肉棒が引き抜かれる。

ごぼっ、という音を立てて、直腸内部へと注がれた白濁液が逆流してくる。

アイナ
「んひぃ……、おもらしぃ……、ケツ穴から、精液おもらししちゃってるぅ……」


「ほらほら、ちゃんと締めて、中に出した精液を漏らさないようにしろよ」

一度射精してすっきりした客がアイナの尻穴を撫でる。

アイナ
「んひゃぁ……」

アイナの口からは、間の抜けた甘い声が出た。そしてそれは、アクメを迎えて間もないアイナへの追い打ちとなる。

アイナ
「む、むりぃ……、ケツ穴にぃ、力が入らなくってぇ……、おなかも……ぉ、おおぉ……!」

アイナの腹がぎゅるぎゅると音を立てる。

アイナ
「おおぉ、おおぉ……! せ、精液浣腸ぉ……! も、もれちゃうぅ……!」


「お、おいまてっ! そこまでのプレイは要求してないぞ……!」

アイナが便意を催したことを悟り、客があわてだす。

アイナの尻穴が崩壊したのは、それから間もなくのことだった。


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/1054-c270b3f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
ふたなりとかメッシーとか淫語が得意です。
美少女ゲームやソーシャルゲームのシナリオ、音声作品のシナリオ、小説など手広くいろいろ書いてます。
スケジュールはこまめに更新していきますが、なにかお仕事の相談あればお気軽にどうぞ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。