FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:15:39
 登場人物
 *神谷 総也(かみや そうや)
 *ガジモン(哺乳類型・ウィルス種・成長期)


 長いので、続きからどうぞ。
 広大な砂漠だった。四方どこを見渡しても砂、砂、砂。それ以外のものは一切見えてこない。時折吹く強い風にのって、その砂漠には風紋がいくつもできていた。
 空は快晴。日差しを遮るもののない砂漠には、太陽の日差しがダイレクトに降り注ぐ。これだけの日光、さぞ気温も上昇していることだろう。しかし不思議なことに、そこはいうほど暑くない。
 それはそこが、いわゆる「現実世界」ではないからだ。
 だが暑くないとはいっても、それは「砂漠として」という話である。体感温度は真夏日に相当していた。そこを、砂嵐を防ぐためのローブで武装した人間が歩いている。
 その人間は、かなり疲労しているようだった。
 大粒の汗を流し、前へ進もうと運ぶ足もおぼつかない。息も荒い。時折足を止めては肩から提げた丸い水筒のふたを開けている。水なんて入っていないのだが。
「あー……。そうだ、ないんだった……」
 その声、若い男だった。
 その人間、名前は神谷総也という。きっかけはわからないが、あるとき、この世界にやってきた。そこは、広大な「サイバー空間」のごく一端。デジタルワールドと呼ばれているものだった。今総也は、そこから元の世界(ここでは「電脳世界」に対して「現実世界」と呼ばれている)に帰還する方法を探している真っ最中である。
「んもう、これで何回目よ。空しくなるからやめてよね、そういうの」
「誰のせいだと思ってるんだよ。ガジモンがすぐに全部飲みほしたんだろ」
 ガジモンと呼ばれたのは、ウサギのような、犬のような、灰色の生物だった。男を叱咤するように、前足を腰に当て、爪を一本立てて見せている。それは「地球」のどの生き物でもない、まったく別の生命体だった。
 デジタルワールドに住んでいる彼らは、自らのことをデジタルモンスター、略して「デジモン」といった。誰が名付けたわけでもなく、現実世界の人間が与えた名前だ。総也の隣にいるのも、そのデジモンである。
「いまここ、どこだ……?」
 総也はポケットから小型の機械を取り出す。デジヴァイスと呼ばれるそれは、総也とガジモンをつなぐものである。この世界、デジタルワールドに来るような人間にはパートナーデジモンが与えられることになっている。そのパートナーデジモンを保管するためのものがここでのデジヴァイスである。
 地図を表示したり見つけたデジモンのデータを表示したりできるスグレモノであるが、今、彼が地図を開こうとしても、そこには「ERROR」の文字が表示されるだけ。彼はあきらめ、ため息をひとつ。恨めしそうにガジモンに視線を送る。
「まったく。誰だよ、この砂漠のオアシスが近いとか言ったのは」
「うぅ。そうだっけ? だって、そのときは、オアシスなんてすぐに見つかると思ったんだもん!」
 ガジモンは反論する。元気なのは、やはり体内の水分量の違いだろうか。
「……根拠、なかったのかよ」
「……うん」
 あっさりうなずかれて、総也の身体にどっと疲労がやってきた。
「とにかく……。このままじゃ、干からびちまいそうだ……」
「ちょ、ちょっと総也。しっかりしてよ、ねえっ、ねえってば!」
 ふらりと倒れそうになる総也を、ガジモンが支えた。
「はうっ、くっ、ふにゅぅぅぅぅ……っ!」
 神谷総也、体重は四捨五入して五十キログラム。それはガジモン一匹が支えるには少し重すぎた。
「うふぅぅ……っ! っん? あ、総也、あれ……っ!」
 そのとき、ガジモンがなにかを見つけた。支柱を失って、総也の身体はどさっと倒れる。
「あだっ! な、なんだよガジモ……っ!」
 そこに見えたのはピラミッドのようなものだった。はるか遠く、うっすらとしか見えない。しかし彼らにとって、それは一つの希望だった。少なくとも、日差しを遮り、中で涼むことができる。
「……よし、でかしたぞガジモン。とにかく、あそこまで行こう!」
 総也は重たい身体に鞭打って、なんとかその建造物を目指した。


つづく


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/248-28b5a5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。