FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
08:18:44
 エロいんですんで隠します。


*今回の登場人物
 大道 美佐紀(おおみち みさき)
 大道 浩輔(おおみち こうすけ)


 このお話をはじめから読む
 んでは、続きからどうぞ。

「はぁ……はぁ……。美佐紀……。なんで、こんな気持ちいいこと、一人でしてたんだよ……」
「だ、だって……こんな趣味、恥ずかしい……」
「ばか。そんなので俺が美佐紀のことを嫌いになるわけないだろ。それに、おまえがこんなことしてたのは、もう知ってた」
 それをいわれて美佐紀はふたたび驚きの顔。軽い絶頂の余韻は一気に吹き飛んだ。
「えっ、えっ? ど、どこで? どのタイミングでぇっ?」
「クンニのとき、いつもなんか納豆臭いし。舌入れると、たまに豆っぽいのがくっついてくるしな」
「はうぅ……ちゃんとビデしてるのにぃ……」
 どうやら膣奥まで押し込んでしまった納豆は、ちょっと洗っただけでは落ちてこなかったらしい。
 今まで隠していたのはなんだったのかと、美佐紀はがっくりと肩を落とす。
「……でも、そうやって秘密にする必要ももうないのね」
「ああ。美佐紀、こんどは……」
「いいよ……。ねばねばでエッチ、しよ……」
 美佐紀はクリームまみれの身体を開く。秘部の部分だけ愛液でクリームが流れ落ち、興奮にほころぶ花弁が際立って見えて卑猥。
「美佐紀……エッチだ……」
「いちいちいわないで……」
「だって本当のことだから……」
 意識するとその光景がいまさら恥ずかしくて、美佐紀はきゅっと目をつむる。そうしている間に浩輔のイチモツがあてがわれる。フェラチオしながらの自慰とパイズリしながらの興奮に十分にほぐれた膣は、簡単にイチモツを迎え入れた。
「はぅ……一気に……奥まで……」
「美佐紀……。身体が、くっついてる……」
「うん……。クリームで、べったり……」
 浩輔は美佐紀と上体を密着させたままピストンをはじめる。非常に動きにくそうではあるが、そのぎこちない動きが今までとは違う刺激を美佐紀にもたらした。
「どう、美佐紀。このクリームの、感想は……?」
「あのねっ、ねばねばの、あまぁいクリームのおかげでぇ、ふあぁっ、こ、浩輔さんと、べったりくっつけてぇ……っ。一つになって、身体が、とろけちゃうぅ……っ! ねばねば気持ちいいぃっ! 浩輔さんとねばねばできて幸せぇっ!」
 美佐紀は浩輔の背中に手を回し、さらに腰には足を絡める。身体のすべてを浩輔に密着させたかった。べったりとくっつきたかったのだ。
 パンパン、ぐちゅんぐちゅん、ねばねばぁ。
 激しいピストンを繰り返しながら、美佐紀と浩輔は口付けを交わす。美佐紀の口がクリームまみれのせいで、一度キスしたらお互いの唇が別れを惜しむかのようにはなれない。どうやらこのクリームは、一度溶けると粘度を増すようだ。
「浩輔さん、これからも、こんなねばねば好きのわたしでも、一緒にエッチしてくれますか……っ」
「もちろんだ……」
「あんっ、嬉しいっ! 奥ぅ、奥、もっと突いてぇっ! べたべたにくっついて、もっと奥に浩輔さんを感じたいぃっ!」
「美佐紀の欲張り……」
 そういいながらも浩輔はそのリクエストに応じる。
「くあぁんっ、奥にきてるよぉ! おチ×ポ、子宮にちゅうしてるぅっ! こんなにされたら、わたし、浩輔さんにずっとくっついてちゃうぅ! 絶対に、離れないぃっ!」
「離れさせる、もんか。美佐紀とずっとねばねばするのは……俺だっ!」
「きゃうぅんっ! 浩輔さんの逞しいの、激しいのぉっ! もう、ねばねばってだけでイキそうなのに、そんなに凄いのされたら、わたし、もうイッちゃうぅっ!」
「イッちゃえ、美佐紀っ。俺にべたべたくっつきながら……っ!」
 そして浩輔は、止めとばかりに美佐紀の最奥にイチモツをぶちこんだ。
「おぉくぅっ! 美佐紀イクぅっ! イッちゃうううううぅぅぅぅぅぅっ!」
 浩輔の背中に爪を立てながら美佐紀は果てた。イチモツから精液をしぼりとらんとばかりに蠕動する膣襞に、たまらず浩輔は二度目の精を放つ。
「はふぅ。出てるぅ……。浩輔さんの精子が、おなかの中でちゃぷちゃぷ暴れてるよぉ……」
 互いに絶頂を迎えたにもかかわらず、クリームまみれでべたべたの両人は、もうしばらくの間抱き合ったままで……。
 ……五分、いや、十分ほどたっただろうか。
「……っ?」
 二度も性を放った後の倦怠感から回復し、身体の異変に気付いたのは浩輔だった。
「どうしましたか、浩輔さん」
「く、クリームが。溶けたクリームがまたかたまって……。くっついて離れない」
 試作品ならではの不具合が起きたらしい。そのクリームはまるで接着剤のように美佐紀と浩輔の間をぴったりとうめていた。浴室の床についていた両手も、ぴったり張り付いて浩輔は身動きが取れない。
 その言葉に、美佐紀は目を見開いて、
「密着接着プレイ……っ! やぁん。そんなの、感じちゃうぅっ!」
 不自由な身体を悶えさせる。美佐紀にとって、このシチュエーションも待望のものだった。
「んたこといってる場合かぁ!」
「でも、浩輔さんのおチ×ポ、また元気になってきてる……」
「それは……おまえがこんな状態なのにマ×コをくねらせるから……」
「浩輔さん、さっきわたしのねばねばに付き合ってくれるっていったよね。もう一回しよ? ほら、汗かけばクリームがまた溶けるかも」
「……しかたない、な」
 そういって浩輔は腰を振り始める。
 その日、大道家の浴室の明かりが消えることはなかった。

~*~*~*~

 余談だが、そのマシュマロクリームは、美佐紀の感想のおかげで大ヒット。浩輔の勤める会社の経営を立て直すまでに至ったという。


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/363-f502f330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。