FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
08:26:40
 エロいんですんで隠します。


*今回の登場人物
 水野 七也(みずの しちや)
 桃岸 静留(ももきし しずる)
*今回の舞台
 風俗店「和夢(のどむ)」

*このお話を最初から読む↓
 プロローグ
 んでは、続きからどうぞ。

 和夢では選んだ女の子に任意の服装をさせることができるらしいが、七也はよくわからないのでとりあえずこの店の制服にした。
 和夢の制服は、黒や紺といった暗いトーンを基調としている。上は襟ぐりの大きくあいた洋服で、お腹と脇に二本の白いラインが走っている、胸を強調するような意匠になっている。下はミニスカートで、アクセントとして入る裾の白いラインが特徴。プリーツスカートとタイトスカートの二種類あるらしく、人によって違うようだ。
「お、お待たせしましたぁっ!」
 しばらくしてそんな制服を着た少女が個室にやってきた。
 肩までかかる長めの髪。前髪の長いのは、かわいらしい色のヘアピンで邪魔にならない場所に止められていた。澄んだ瞳に荒れのない瑞々しい唇。ここまで急いできたのだろうか、頬は若干上気してほんのりと赤い。
 プロフィールによるとまだ学生らしい。体つきは成熟しつつも、いまだに大人になりきれていない少女特有の雰囲気に、七也はくらっときてしまう。
(可愛い子だ……)
 なんて、七也は思った。しかし、
(……けど、なんだ、あれ)
 その少女は、煮物を作るときに使うような大きな鍋を両手でもっているのだった。
「メグ姉さんから聞いてますよ。初めての方なんですよね。初めまして、わたし、桃岸静留っていいます」
「静留、ちゃん? で、その鍋は、一体……?」
 七也が鍋を指さして質問すると、
「あ、これですか? うふふ、イイモノですよ」
 静留はにっこりと笑ってその鍋をいったん床に置く。そして、七也の隣におもむろに腰かけた。
「わたしも、ここで働きはじめてまだそんなに経ってないんです」
「その割には、静留ちゃん、緊張とかしてないよね」
「えっ、そうですか? まあ、わたし、小さいときから人見知りとかしなかったみたいなんで」
「そうなんだ。俺は、やっぱり初めてこんな店に来たからかな、ガチガチだよ。情けないくらい」
「えっ、じゃあ、お店でするのも初めて……?」
 静留は意外そうな顔をした。
(そんなにプレイボーイに見える顔つきはしていないはずだけど)
 きっと静留は、ここに来る人はみんな経験者だと思っているのかもしれない。そうに違いない。そう思うことにした。
「そうですか。じゃあ、わたしがリードしてあげますね」
 そういって、静留は先ほど持ってきた鍋を取り出す。そこには透き通る赤い物質がびっしりと入っていた。
「静留ちゃん、これって?」
「はい。手作りのグミトリモチです。さっきまでこれを作っていて遅れちゃったんです。グミを煮て、水あめでとろみと粘りをつけたんですよ」
 なるほど、どうりで肌が不自然に汗ばんでいたわけだ。
「だから食べても……」
 静留は鍋に指を突っ込む。指先にグミトリモチを絡めて口へと運んだ。
「ほむ、ほーほーむっ!」
 食べても平気、ということをアピールしたいのだろう。しかし、静留の顔はどんどん青ざめていった。
「ほむっ、むーむー。むふーふぅーっ!」
 グミトリモチが唇にまでついて、静留は口が開けられなくなってしまったのだ。
「あ、ちょっと、大丈夫っ?」
「んっ、ほむっ、ほむほむふぁふぁーんっ!」
「お湯をください? わ、わかった!」
 七也はバスルームにある洗面器にお湯を張って静留に差し出した。静留は一心不乱にグミトリモチを洗い流す。そして「ぷはーっ」とかわいらしい声を出した。
「すみません。たすかりました」
 静留は恥ずかしそうに顔を真っ赤にしていた。
「どういたしまして。それよりも、すごいねこれ」
「でしょっ!」
 自慢のグミトリモチをほめられたからか、急に静留の顔が明るくなった。
「手作りですよ、手作り。それでも結構ねばねばしていて、きっと気に入っていただけると思います。えっと……なんてお呼びしたらいいですか」
「七也、でいいよ」
「はい、七也さん」

 つづく


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/386-5c727ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。