FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
09:29:12
 愚痴回。最近そればっかりですがあしからず。
 気まぐれに、編集会議へと赴いたのでした。
 で、なんというか、昨日とまるで同じ議論をしていて呆れていたわけです。
 作者としてのわたしの立場は、「おもしろい」と思うものなら載せていいと思うんですが、どうも連中は責任のことばかり話していた印象です。面白いって思うなら、胸を張って掲載させてほしいんですが、そういう問題でもない様子。
 とにかく、あんまり見たい光景ではありませんでした。
 連中は「面白い会誌」を作ることではなく「自分たちで責任が取れる会誌」を作ろうとしていたようです。たしかに無責任なのはよろしいことではありませんが、だからって「面白い」と思ったものを切り捨てるのってどういうことなの? 今までわたしの作品に対してどうこう言われていたという話は聞きません。注意書きを入れるなどの処置がかかるなら、作者には一本連絡が入るはずですしね。多分、今回が初めてなんだと思います。わたしがこういう作品を作っていたことも、多分今回で初めて知ったんじゃなかろうか。
 そして責任者の卑怯なところは、わざと過激な表現にマークをつけている原稿を読ませて、編集長の目が自然とそこに行くようにしたことです。60ページにわたる作品を短時間で読みこめるわけがない。そして過激な部分だけに目を生かせれば、前後関係なく違和感を与えることができる。わたしはその行為に悪意すら感じてしまったのでありました。
 それと会誌における過激な表現について。
 正直アフレコ漫画と同じ位置に置かれたのは納得いきませんでした。
 だって漫画と小説って目につきやすさも読む層も全然違うもの。
 言葉だけで落とすアフレコ漫画の表現と、ストーリーで笑わす小説の表現を同列に扱うっていうのは、違うんじゃないかと思います。


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/652-cc857583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。