FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:27:04
 十七。これがなんの数字かわかりますか、アカシャ?
「いきなりどうしたのよ。そんなの、わからないわ」
 これはですね、この万事珍事で扱う予定の世界の数です。気がつかないうちにこんなにたまってしまったんですよ。どうしてこんなになるまで放っておいたんですか!
「わ、わたしのせいじゃないでしょ!」
 しかも、近日中にさらに増えるんですから。覚悟してくださいよ。そんなわけなので、今回からガンガン消化していきますよ。まずはこちらです。
母娘狂艶 誘う叔母、惑わす従妹 (リアルドリーム文庫 79)母娘狂艶 誘う叔母、惑わす従妹 (リアルドリーム文庫 79)
(2012/02/22)
屋形宗慶

商品詳細を見る

「……いきなり濃いのが来たわね」
 はい。表紙からわかるとおり、かなり濃いです。帯のあおり文句は「熟れた叔母と小悪魔な従妹。青年は母娘の肉体に溺れていく……」というものです。
「つまり、痴女もの?」
 そうですね。リアルドリーム文庫なので、登場人物の年齢は高めです。あと、主人公の年齢も大学生ですね。
「エロライトノベルと官能小説の違いといえば、まず、主人公の年齢よね」
 さすがアカシャ。エロ小説ばかり読みふけっていただけのことはありますね!
「そんなことないわよ! これは、一般的な話を言ったまでで……」
 はいはい、いつものいいわけはいいですから。あらすじの紹介です。
 大学生になった殿田瑛吾は、アパートに一人暮らしをする予定だったが叔母の住んでいるアパートに下宿することになる。そこに来て半日で、瑛吾の童貞は叔母においしく頂かれてしまうのだった……。
「コメディチックに言ってるけど、この叔母さん……日生郁子の設定ってすごいわね。性依存症って初めて聞いたわ」
 アカシャだって、気づかないうちにエロ小説で一日を終えちゃう官能小説依存症じゃないですか。
「違うわよ! 読書していれば時間なんてあっという間に過ぎちゃうの。そういうもんでしょ」
 わたしはそういう経験がないのでわかりませーん。
「そんな性依存症の叔母と、その血を引いている娘。性欲が暴走しているときの、二人の台詞はすごかったわね。ただ、台詞はすごくエロいんだけど、こういう、いわゆるみさくら語……ってほどには崩れてないにしても過剰な喘ぎ声っていうのは、人によっては萎えちゃうから、結構人を選ぶ世界だと思うわ」
 そうですね。でも、年上が好きならたまらない設定ではあると思いますよ。なんせ、再会して半日で合体ですから。
「見事なチェリーハントだったわね。やっぱり、性依存症の副産物かしら。こなれているというか、童貞少年のツボをつくのがうまいというか……」
 そうでしたね。それにしても、地の文不思議なんですが、こういう熟女ものって物語が進むごとにヒロインが生き生きしてくる気がするんですけど、なんでですかね。やっぱり、若い男の精液を注がれているからでしょうか。
「バカね。恋をしてるからに決まってるでしょ」
 …………………………クサッ。
「な、なによそれ! ちょっと、これで終わるのっ? またこんなオチなんて……っ!」


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/752-b22b72d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。