FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:37:44
*過去にとりあげたものはこちらから

 アカシャ、また手紙が届いています。
「そんな回りくどい言い方じゃなくて、正直に拍手コメントって言いなさいよ。というか、ここでは返信しないっていったでしょ」
 でも、これはアカシャ宛てのようですよ。読みますね。

古今東西のエロ小説に登場するあらゆるプレイを密かに試してそうなアカシャ可愛い

 ……だそうです。
「な、な、なによ! 可愛いって! 挿絵もないのになんでそんなこと言えるわけっ? 地の文の怠慢でわたしの容姿なんて全然伝わってないくせにっ!」
 拍手コメントの内容を聞いたアカシャは、その顔を真っ赤に染めて困惑していた。一人でこの部屋にいるアカシャにとって、誰かに「可愛い」なんて褒め言葉を言われる機会などなかったのだろう。表情には羞恥と困惑の色が入り混じり、どんな表情をしていいのかわかっていない様子だ。瞳は見開かれ、視線は泳いでいる。唇はわなわなとふるえて、ぽつぽつと言葉の破片を漏らしている。
 ……というか、内容の否定はしないんですね。
「うううっ、うるさいっ! さっさと今回の分、始めるわよっ!」

僕が異世界の女帝だなんて絶対無理! (あとみっく文庫 49)僕が異世界の女帝だなんて絶対無理! (あとみっく文庫 49)
(2012/08/21)
上田ながの

商品詳細を見る
 今回の世界はあとみっく文庫。異世界の召喚師、アリアに女だと間違われて召喚されてしまったかわいい男の子、鴻上スバルが、性別を偽って女帝になるって世界です。彼にこんなことする義理はないんですが、まあ、惚れた弱みって奴でしょうねぇ……って、アカシャ、まぁだご機嫌斜めなんですか?
「誰のせいよ。まったく、ここぞとばかりに描写して」
 地の文はカメラマンですから。シャッターチャンスは逃しません。
「あっそ。わたしとしては久しぶりの女装少年だったわね。それにファンタジー要素も絡んできて、なかなか新鮮だったわ。徹底的な女尊男卑の世界に呼び出されるってところも興味深いわね」
 昨今話題の男の娘ってわけでもないので、ちゃんと女の子に欲情しちゃうところもポイントですね。そのたびにヒロインに罵倒されたりしているのですが。
「そうだったわね。そして、きちんと命を狙われるピンチも経験する。そうなるようにしっかり組みたてられていたわ。続編を示唆するような幕引きじゃなかったところは、わたしとしては好ましいところね」
 そうでしたけど、エロシーンのボリュームは少なめな感じがしました。ほとんど逆レイプでしたし。女装少年ものはそうなってしまうんでしょうかね? もっとも、女尊男卑で、女性の力が強い世界ですからそうなってしまうのが自然な流れでしょうか。
「そうかもしれないわね。でも、ラストはヒロインと対等なセックスをしているわよ」
 ああ、そういえばそうでしたね。
 ところでアカシャ、アカシャは男性器を生やす魔法を使えましたよね?
「なっ、なんのことかしら」
 とぼけないでください。地の文気になるのですが、あれって男に使ったらどうなるんですか?
「知らないわよ。試したことないもの。術の形式によるけど、効果がないか、もう一本生えてくるかのどちらかじゃない?」
 なぁんだ。
「な、なによそのつまらなそうな反応はっ!」
 魔法って、大したことないですね。それでは次回~。
「投げやりに終わるなぁっ!」


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/801-c541569b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
ふたなりとかメッシーとか淫語が得意です。
美少女ゲームやソーシャルゲームのシナリオ、音声作品のシナリオ、小説など手広くいろいろ書いてます。
スケジュールはこまめに更新していきますが、なにかお仕事の相談あればお気軽にどうぞ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。