FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:34:36
*エロいんですので隠します。
  
*登場人物
 さくらこ
 元気はつらつ。ロングヘア。血色がいい。胸もある。
 カリ高。極太。玉つき。
 衣装はノースリーブ。ミニスカ。勃起するとチンポが飛び出る丈。
 好きな言葉:なせばなる
 苦手:我慢

 マノミねこ
 クマノミ+猫。番組のマスコット的存在。無茶ぶりをする。

*番組紹介
 ふたなりバラエティ「ちんちんたままん」は、ふたなりっ娘のさくらこが絶倫ふたなりエロチ×ポをつかっていろんなことに挑戦する番組です。
  
*ピクシブ小説版にはアンケートがあるのでよろしければどうぞ→ 「ちんちんたままん002」/「六病」の小説 [pixiv]
   
*過去記事一覧
 ちんちんたままんのまとめはこちら
 MilkClown過去作一覧
【さくらこ】
「さ、はじまりました。ちんちんたままん第二回です! ねー、きちんと続くことができたのでよかったです。前回の放送のあと、カメラの前で下乳オナニーしたことを事務所にこっぴどく叱られて……」

【マノミねこ】
「自業自得なのにゃ」

【さくらこ】
「ふはっ、マノミねこさん! でも、評判は悪くなかったみたいなんですよ。むしろもっとして欲しいという要望の方が多かったみたいです」

【マノミねこ】
「そのようだにゃ。さくらこのスケベっぷりが存分に伝わったから問題ないと思うにゃ」

【さくらこ】
「そ、それって、いいことなんですかぁ……?」

【マノミねこ】
「いいことだにゃ。ツカミはばっちりってことだにゃ。その証拠に、さくらこに挑戦してほしいお題について、たくさんのネタが送られてきたにゃ」

【さくらこ】
「そうなんですか! ふはっ、うれしいです!」

【マノミねこ】
(……ちょろいにゃ)

【マノミねこ】
「というわけで、第二回にしてさっそくスタジオを飛び出したにゃ」

【さくらこ】
「はい。今回のちんちんたままんは、こちらのエステ店『PONCHI』からお送りいたします。待合室の一部をお借りしての収録ですよ。あ、もしかして、ここで収録ってことは、今回はエステですか? マノミねこさん」

【マノミねこ】
「そうだにゃ。今回はさくらこのレポート能力を高めるのにゃ。PONCHIには、ふたなりっ娘用のチンポエステがあるにゃ。ほかのエステに先駆けて行われた元祖チンポエステで、たくさんのふたなりっ娘から人気だにゃ」

【さくらこ】
「そうなんですよねぇ。わたしも、一度は体験してみたいって思っていたところなんです。ふたなりだって、いつまでもキレイで可愛くいたいですもんね!」

【マノミねこ】
「そうだにゃ。じゃあ、さっそくさくらこには行ってもらうにゃ。前回みたいにチンポに夢中にならずに、きちんとレポートするんだにゃ」

【さくらこ】
「わかってますって。それじゃあ、さっそくいってきます。うふ、楽しみです~」

【マノミねこ】
(なんだか、不安だにゃ……)

【マノミねこ】
「さくらこには、これから『ザーザーびゅるびゅる発散コース』に挑戦してもらうにゃ。中の様子はあらかじめ設置した隠しカメラで撮影しているから、みんなにはそれを見てもらうことになるにゃ。それじゃあ、スタートだにゃ」

 ***** 

【エステティシャン】
「はい、それではこちらへどうぞ」

【さくらこ】
「は~い。うわー、中はこんな風になってるんですね」

【エステティシャン】
「お客様は、こういったエステは初めてなんですよね」

【さくらこ】
「そうなんです。やっぱり、こういう身体だとエステにもなかなか行けなくて……」

【エステティシャン】
「そうですよね。でもこれはふたなりさん専用のエステコースなので、心配せずにリラックスしてくださいね。では、ローブの方を脱いでいただいて、こちらのベッドの方にうつぶせになってくださいませ」

【さくらこ】
「は、はい!」

【エステティシャン】
「ふふ、そんなに気張らなくても結構ですよ」

【さくらこ】
「すみません……。えっと、はい、うつぶせになりました」

【エステティシャン】
「それでは背中の方からほぐしていきます……」

 ぐい、ぐい、ぐい。

【さくらこ】
「ひぃっ! 痛っ、痛たたたたぁ……!」

【エステティシャン】
「ああ、お客様、そうとう凝っていらっしゃいますね。見たところお胸も大きいようでしたし、やっぱり肩から背中にかけて負担がかかっているようですわ」

【さくらこ】
「そ、そうなんです! んひぃっ! ああっ、でもっ、だんだんほぐれて、気持ちよく、なってきたかも……です……」

【エステティシャン】
「だんだんと血の巡りがよくなってきたからですね。それでは続いて下半身の方もマッサージしていきますよ……」

 ぐい、ぐい、ぐい。

【さくらこ】
「はぁっ! んっ、きゅふぅっ! すご、くぅ、気持ちいい、です……ぅう……。なんだか、全身が温かくなってきましたよ……」

【エステティシャン】
「お客様、足にも疲れがたまっていたみたいですね」

【さくらこ】
「仕事がら、立っていることの方が多いんですよね……」

【エステティシャン】
「そうでしょうね。それでは、しっかりとほぐしていきます。血の巡りをよくすることが、キレイになる近道でもありますから……」

【さくらこ】
「はい。はぁ……とっても気持ちいいです。ああー。身体がふにゃふにゃして、ポカポカしてきて……。もう、このまま眠ってしまいそうですよぅ」

【エステティシャン】
「うふふ、眠ってしまいそうだったら寝てしまっても大丈夫ですよ。つづいてオイルを使ったマッサージをしていきます……」

【さくらこ】
「はい……、ンッ❤ 太ももからふくらはぎへ、ぬるぬるになってます❤ ひゃぅっ❤ すごく、不思議な、感じ……❤ マッサージなのに、なんだか、ヘンな気分になりそうです❤ んにゅんっ❤ 内側❤ 太ももの内側❤ ぬりゅんぬりゅんと撫でられて❤ 腰がヒクンて❤ 震えちゃいます❤ よっ❤ ほぉっ❤ お尻にもオイル❤ たらぁり❤ お尻がぬりゅぬりゅになって❤ もみもみってマッサージ❤ すごいの❤ この手つき❤ 口から声が❤ 飛び出てきちゃうっ❤ ふにゅぅっ❤ 谷間❤ お尻の谷間ぁっ❤ そんなところもマッサージッ❤ ヒッ❤ ヒィッ❤ 谷間を通って、指が、さくらこのタマタマを撫でてますぅうっ❤ ひゃっ❤ タマタマ❤ さくらこのコリコリプリンが❤ やさぁしく刺激されてますぅ❤ ほぉんっ❤ 恥ずかしっ❤ 声っ❤ えへぇえっ❤」

【エステティシャン】
「我慢しなくてもいいですよ。みなさん同じような声をあげられますから」

【さくらこ】
「そっ、ほぉっ❤ そうなんです、かはぁっ❤ ムズムズ❤ ふたなりチ×ポがムズムズしますぅ❤ こ、腰の下から❤ チ×ポ、とりだされてぇっ❤ ぬりゅぬりゅんのオイルマッサージ❤ 腰が、ヒクヒクって浮いちゃう❤ 浮いちゃいますぅっ❤ さくらこの甘勃起チ×ポ❤ ズルリと剥けた亀頭を、指先でむにゅむにゅって❤ ううぅ❤ これ❤ いいですぅ❤ ぬりゅりゅん❤ ぬりゅりゅん❤ 裏筋刺激ぃっ❤ フーッ❤ フーッ❤ チ×ポとタマタマがぁ❤ とっても❤ とっても気持ちいいぃっ❤ 指先刺激でこんなに気持ちいいなんて❤ ああ、先生❤ これ、すっごく気持ちいいです❤ チ×ポと一緒に、頭までトロントロンになっちゃいそうです❤」

【エステティシャン】
「そうですか。それはよかったです。では今度はあおむけになってください」

【さくらこ】
「ああ、あおむけ、あおむけ……❤ さくらこのオイリー勃起が天井を向くようにすればいいんですね❤」

【エステティシャン】
「はい。それと、これから美容スチームの方をあてていきますので、熱かったら仰ってくださいね」

【さくらこ】
「はい❤ ああ、お顔に蒸気が❤ さくらこのお肌、潤っちゃいそうです❤」

【エステティシャン】
「それではもう一度、オイルで身体の方ほぐしていきますね……」

【さくらこ】
「はひっ❤ ひぃいっ❤ もう一度❤ 太もも、ぬるぬるって❤ 念入りにほぐされてます❤ あひっ❤ なんだか❤ 先生の指の動きが、マッサージする指の動きが、チ×ポにきゅぅんって響きますっ❤ ンッ❤ んひゅっ❤ 身体が、火照ってきてます❤ 汗がたくさん❤ だばだば出てきてます❤ チ×ポだけじゃなくて、マ×コも熱くなってきてますよぅっ❤ はぁ、はぁ、ひぅうっ❤ 太ももの内側❤ 撫で方❤ ひゃぁあっ❤ こんな❤ 感覚っ❤ 初めてですぅっ❤ 直接触られているわけじゃないのに❤ チ×ポとマ×コが熱くて疼くぅうっ❤」

【エステティシャン】
「もう気持ちよくなっちゃいましたか? それでは、このまま胸のマッサージをさせていただきます」

【さくらこ】
「胸❤ おっぱい❤ いまそこはだめです先生ぇええっ❤ ヒィッ❤ ヒィッ❤ オイル垂らされただけで気持ちぃっ❤ ぬるぬる塗られるだけでも気持ちいいぃっ❤ ほぉ❤ おっぱいに❤ ちょっと触られただけで❤ こんな❤ 敏感❤ 反応❤ ほほぉおおっ❤ おっぱい気持ちぃっ❤ 汗だくおっぱい❤ 先生の指で、感じまくっちゃってますぅうっ❤ んはっ❤ はぁあっ❤ あああぁっ❤ 乳首ぃっ❤ コリコリオイリー乳首❤ そこが❤ とっても❤ 気持ちいいですぅっ❤ あああ、気持ちよすぎてチ×ポが❤ チ×ポがぁあっ❤ ビックンビックンしちゃうのぉおっ❤ 先生ぇ、チ×ポ❤ チ×ポが切ないですぅ❤」

【エステティシャン】
「あらあらお客様、まだ始まったばかりですよ。ですが、お客様のいやらしいメス勃起はもう限界のようですね」

【さくらこ】
「限界です❤ 限界ですぅ❤ とってもチ×ポが切ないですぅ❤ さくらこのタマタマもキュンキュンないちゃってるんですぅ❤ 先生❤ チ×ポ苦しいです❤ さくらこのメス勃起苦しいですぅ❤ おほっ❤ おおぉ、きたぁあっ❤ 指ぃ❤ さくらこのチ×ポをなでなでしてますぅっ❤ 先生の指ぃ❤ さくらこのチ×ポを優しくさわさわ❤ さわさわってぇえっ❤ ちょっとだけ❤ ちょっと触られてるだけなのにぃっ❤ 腰が、ビックン❤ ビックン❤ 反応しちゃうぅっ❤ さぁあ❤ 先っぽ❤ 先っぽから❤ トロトロお汁が溢れてくるぅ❤ おかしいぃっ❤ チ×ポの感度が、おかしくなってるぅうっ❤」

【エステティシャン】
「恥ずかしがらないでどんどん声を出してくださいね~」

【さくらこ】
「は、はじゅかしくてもぉっ❤ 声ぇ、我慢できにゃいぃっ❤ ひぃ❤ ひぃいっ❤ ああぁあああっ❤ きちゃうっ❤ きちゃいますぅっ❤ 発情勃起❤ ぬるぬる勃起をシコシコされちゃぁああっ❤ ひぐっ❤ ひっぐぅっ❤ チ×ポ❤ チ×ポチ×ポォオッ❤ 射精ぇくるっ❤ 射精ぇしちゃうぅっ❤ 先生ぇっ❤ イクッ❤ チ×ポ、イッちゃいますぅっ❤ メスチ×ポから、ザーメン、どびゅどびゅってしちゃいますぅうっ❤ これ以上、シコシコってされちゃ❤ アアッ❤ 我慢無理になりゅぅうっ❤」

【エステティシャン】
「いいですよ。たっぷり老廃物を出しましょうね。みなさんそうしていますので、恥ずかしがらずに射精してください」

【さくらこ】
「そ、そんにゃ❤ しょんにゃ❤ しょほぉおおおおっ❤ おっぱいも一緒に❤ チ×ポと一緒に気持ちよくされちゃぁあああっ❤ 乳首と亀頭❤ にゅるにゅる❤ コリコリ❤ されたらぁああっ❤ イグッ❤ イグッ❤ イグゥウッ❤ さくらこのチ×ポ、先生の手オナホに向かって、孕ませ射精をどっびゅんしちゃううぅっ❤ チ×ポ気持ちぃいっ❤ 乳首気持ちぃっ❤ 勃起扱かれるの、どっちもぎもぢぃいいっ❤ おおぉああぁっ❤ おおぉああぁああっ❤ あああぁぁぁあああぁぁぁああぁぁあぁっ❤」

 どびゅぅうっ! びゅくびゅく! びゅびゅっ! びゅびゅっ! びゅるるっ! びゅくびゅくぅうっ! びゅくびゅくびゅくぅうっ!

【さくらこ】
「射精ぇ❤ ザーメン❤ ザーメン❤ 出たぁあ❤ びゅくびゅく❤ 真っ白いのがたくさん出てるぅうっ❤ こんな勢いで❤ こんなにたくさん❤ ザーメンびゅっびゅしたの初めてですぅ……❤ はぁあ❤ はぁあ❤ チ×ポいいぃ❤ とってもぉ❤ チ×ポエステ、気持ちよすぎるよぉ……❤ ああ、まだ勃起おさまらない❤ さくらこのチ×ポ、まだまだ射精ぇしたがってるよぉ❤」

【エステティシャン】
「そのようですね。うふふ、お客様、こちらのコースはまだ終わりではないので、ご安心くださいませ」

【さくらこ】
「まだ、あるんですっ、くひゅうっ❤ 勃起チ×ポ、なでなで❤ なでなでぇっ❤ あああ❤ 身体❤ まだ敏感なままぁっ❤ チ×ポ❤ チ×ポ❤ チ×ポがまた漲ってくるぅっ❤ さくらこのチ×ポ、また勃起して、さっきよりもおっきいみたいぃっ❤ 勃起チ×ポ張りつめてぇ❤ タマタマもギュンギュン❤ ザーメン製造ライン、フル稼働なのぉっ❤ 敏感勃起をつままれてぇ❤ にゅりゅりゅん❤ にゅりゅりゅん❤ 先生ぇ❤ こんなの、気持ちよすぎますぅうっ❤ どこ触られても気持ちいいのぉっ❤ さくらこ、おかしくなっちゃったみたいなのぉっ❤」

【エステティシャン】
「問題ないですよ。天然由来成分ですから。どんどん発情してふたなりミルクをだしてくださいね。切なくなったらわたしのチ×ポがありますから」

【さくらこ】
「ああ❤ 本当だ❤ 先生のオチ×ポ、スカートの中で勃起してます❤ 先生ぇ❤ これ、ペロペロさせてください❤ さくらこ、お口が寂しいです❤ おしゃぶり、させてください❤ ……はぁ❤ オチ×ポ❤ 先生ぇのふたなり勃起❤ お仕事中なのに、さくらこを見て勃起しちゃったんですねぇ❤ はぁあ……❤ はむ❤ ちゅる❤ じゅるるぅうっ❤ オチ×ポ、おいひぃれふぅ❤ おしゃぶりサービス素敵ですぅ❤ 気持ちよくなりすぎて、わけがわからなくなっても、オチ×ポをペロペロってすれば落ち着きますもんね……❤ ちゅぱ❤ れろっ❤ れろれろぉっ❤ ……おむふっ❤ 先生ぇのオチ×ポ、ペロペロしながら❤ さくらこのチ×ポ、シコシコされてる❤ すごく、興奮します❤ オチ×ポの味❤ 先生のチ×ポマッサージ❤ さくらこのメス勃起がヒクヒクいってますぅ❤」

【エステティシャン】
「お客様も、とってもお上手ですわ❤ とても、とても……❤ わたしのほうが、イカされてしまいそう❤ お客様のいやらしいひょっとこフェラ❤ 最高ですぅっ❤」

【さくらこ】
「そんな、わたし、スケベ顔ぉおっ❤ でも、口ぃ、吸いついちゃうぅ❤ ペロペロしてると気持ちよくなっちゃうぅっ❤ さくらこの女の子がぁ❤ チ×ポおしゃぶりで発情してるぅ❤ チ×ポ❤ しゅきっ❤ ちゅるる❤ ぢゅるるぅっ❤ はぁあ❤ オチ×ポ❤ オチ×ポおいひぃよぉ❤ んんぅ❤ じゅぶ、じゅぱぁ❤」

【エステティシャン】
「ああっ❤ すごいです❤ お客様、ああっ、あはぁんっ❤ このスチームで、わたしまでムラムラっときてるんです❤ お客様のオチ×ポ、わたしのお口でマッサージさせていただきますね……❤ あぁ……む❤」

【さくらこ】
「んひぃいいっ❤ 先生ぇのお口ぃっ❤ さくらこのメス勃起がぱっくんされちゃいましたぁあっ❤ あつあつ❤ どろどろ❤ 舌がねっとり絡みついてくるぅうっ❤ はむぅ❤ じゅるるぅ❤ さくらこのチ×ポ、もぐもぐされてるぅ❤ 先生にもぐもぐされながら、タマタマもマッサージ❤ クリンクリンて転がされてるぅっ❤ ひぃっ❤ ひぃいっ❤ 腰がぁあっ❤ 気持ちよすぎてビックン❤ ビックン❤ 先生ぇのお口に吸いあげられて、チ×ポ浮くっ❤ 浮いちゃうぅうっ❤ ううっ、んひゅぅっ❤ 先生の舌が、さくらこの先っぽをホジホジしてるぅ❤ チ×ポに残った射精カス、全部吸い上げられてるぅっ❤ 先生のフェラ、じゅぽじゅぽいやらしい音❤ わたしも、いっぱい❤ 先生のオチ×ポをペロペロしますぅ❤ んふっ❤ じゅるっ❤ じゅるじゅるぅっ❤ 先生の先っぽから、お汁がぁ❤ んふぅ❤ 先生も、勃起チ×ポ発情❤ さくらこのお口の中で気持ちよくなってる❤ みたいぃっ❤」

【エステティシャン】
「はい❤ お客様のお口❤ とっても気持ちいいです❤ さすがです❤ はぁあ❤ わたしも、負けていられません❤ お客様の勃起オチ×ポを念入りマッサージ❤ ちゅぱちゅぱ吸い付いて、血行を良くしますわ❤ そして、こちらも刺激して差し上げます❤」

【さくらこ】
「えひぃっ❤ えひぃいいっ❤ そこっ❤ オマ×コぉおおっ❤ チ×ポだけじゃないんですか❤ さくらこの、ぐしょぐしょ発情マ×コも、指でくちゅくちゅしちゃうんですかぁあっ❤ ああぁあああっ❤ オマ×コだめぇっ❤ チ×ポに❤ チ×ポに響くのぉおっ❤ おおんぉおおっ❤ ほぉんほぉおおっ❤ マ×コ❤ チ×ポ❤ マ×コチ×コマ×コぉおっ❤ 気持ちぃっ❤ 全部っ❤ 気持ちよすぎて脳みそ弾けちゃうぅうっ❤ おおん❤ おん❤ ほぉおおんっ❤ マ×コ、イッてる❤ ビクビク❤ キュンキュン❤ さくらこのマ×コ、イキまくってるぅうっ❤ ああぉぉ❤ ああぉぉ❤ チ×ポ❤ チ×ポォオッ❤ きそぉ❤ きちゃいそぉ❤ 二発目ザーメン❤ びゅくびゅくどっびゅりきちゃいそぉおおっ❤ ザーメン❤ ザーメン❤ 先生ぇのお口に出しちゃいますぅうっ❤ おおぉっ❤ ほぉおおっ❤ くるくるぅうっ❤ 射精ぇええぇぇぇえええぇぇっ❤」

 びゅびゅぅうっ! びゅくびゅく! どびゅっどびゅっどびゅぅうっ! びゅるるっ! びゅるるるっ! びゅくびゅく! びゅびゅびゅっ! どびゅりゅりゅりゅぅうううっ!

【さくらこ】
「おっ❤ ほぉおおおぉぉぉっ❤ 射精ぇえっ❤ 射精ぇえがぁああっ❤ チ×ポ❤ ザーメン❤ びゅるびゅるがとまりゃにゃひゃひぃいいっ❤ にゃんでぇえっ❤ とまりゃにゃいぃいっ❤ 触ってもないのに射精ぇっ❤ 射精ぇっ❤ あああ❤ あああ❤ しゅごいのっ❤ しゅごいぃのぉおおっ❤ 気持ちぃしゅぎてチ×ポ壊れたぁあっ❤ ガクガクどびゅどびゅとまりゃにゃいぃいっ❤ おほぉおおっ❤ おおぉおおっ❤ もうだめぇえっ❤ キンタマ❤ 空っぽになっちゃうよぉおおっ❤ んほぉっ❤ ほぉおっ❤ おおっ、おおっ、ほぉおおぉぉおおおんっ❤」

 ***** 

【マノミねこ】
「……こ……らこ……らこ!」

【さくらこ】
「ふはぁあっ! あっ、マノミねこさん。で、ここは?」

【マノミねこ】
「いつものスタジオだにゃ。さくらこったらレポートの最中に射精しすぎて気を失ったのにゃ」

【さくらこ】
「そうだったんですか……」

【マノミねこ】
「というわけで、さくらこは今回の挑戦に失敗したことになるにゃ」

【さくらこ】
「ええっ、失敗とかあるんですか!」

【マノミねこ】
「当たり前だにゃ。後半なんかほとんどレポートできていなかったにゃよ? あとで映像を確認してみるといいにゃ」

【さくらこ】
「だ、だって、あまりにもエステが気持ちよすぎて……。途中から頭の中がチ×ポのことばっかりになっちゃったんですよぅ。でも、とっても素敵な経験でしたよ❤ エステの先生もとってもフェラチオが上手な方でしたぁ❤」

【マノミねこ】
「そ、そうかにゃ……」

【さくらこ】
「気絶するほど気持ちいい❤ 皆さんも、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか❤」

【マノミねこ】
「……きれいにまとめようとしているところ申し訳にゃいけど、失敗は、失敗だからにゃ?」

【さくらこ】
「うう、やっぱり評価は変わらないんですね。でも、次はちゃんとやり遂げますよ! それでは、ちんちんたままん、また次回お会いしましょう~」


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/884-20e9b6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。