FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:42:01
*エロいんですので隠します。
  
*登場人物
 さくらこ
 元気はつらつ。ロングヘア。血色がいい。胸もある。
 カリ高。極太。玉つき。
 衣装はノースリーブ。ミニスカ。勃起するとチンポが飛び出る丈。
 好きな言葉:なせばなる
 苦手:我慢

 マノミねこ
 クマノミ+猫。番組のマスコット的存在。無茶ぶりをする。

*番組紹介
 ふたなりバラエティ「ちんちんたままん」は、ふたなりっ娘のさくらこが絶倫ふたなりエロチ×ポをつかっていろんなことに挑戦する番組です。
  
*ピクシブ小説版にはアンケートがあるのでよろしければどうぞ→ 「ちんちんたままん005」/「六病」の小説 [pixiv]
   
*過去記事一覧
 ちんちんたままんのまとめはこちら
 MilkClown過去作一覧
【さくらこ】
「……あのぅ、これ、本当にするんですか?」

【マノミねこ】
「大丈夫だにゃ。周りはふたなりだけだから、難易度は本来よりもずっと低いにゃ」

【さくらこ】
「そ、そうですけど……。そういう問題じゃないですよぅ……」

【マノミねこ】
「つべこべ言うんじゃないにゃ。ほら、もうカメラ回ってるにゃよ」

【さくらこ】
「ふへっ! あっ、どうも、さくらこです! ちんちんたままん第五回は、またスタジオを飛び出しまして、温泉へやってきました~」

【マノミねこ】
「マノミねこだにゃ。さて、さくらこ。今回は待望の温泉回にゃ。温泉回と水着回は重要だから、気合いを入れていくにゃ」

【さくらこ】
「はい! ……って、なんの話なのかさっぱりわからないんですが……」

【マノミねこ】
「というわけで、さくらこにはこれから温泉レポートに挑戦してもらうにゃ。ここ、玉の湯には、男湯と女湯のほかにふたなりの湯があるのにゃ。ふたなりのための浴場がある珍しい温泉宿なのにゃ」

【さくらこ】
「そうなんですよね。いままでは、男湯か女湯かどちらに入ればいいのか迷うことがよくありましたから、うれしい心遣いです」

【マノミねこ】
「そんなふたなりの湯に、さくらこにはタオル一枚で入ってレポートしてもらうにゃ。小型の無線から指示を送るから、それをきちんと実行できればチャレンジ成功だにゃ」

【さくらこ】
「うぅ~。こういうのって、普通は水着を着るじゃないですか~。いくらなんでも、公共の場でいつもみたいなことになるのはマズいですよぅ」

【マノミねこ】
「……どうしても、タオル一枚はいやかにゃ?」

【さくらこ】
「やです」

【マノミねこ】
「むぅ……」

【さくらこ】
「むむむぅ……」

【マノミねこ】
「……しかたないにゃ。じゃあ、水着を用意するにゃ。ただし、ビキニにゃよ?」

【さくらこ】
「この際水着ならなんでもいいです。それじゃあ、早速着替えちゃいますね!」

【マノミねこ】
「着替えたら開始だにゃ。せいぜいがんばるんだにゃ」

【さくらこ】
「ふふん、今回こそはきっちり成功させて見せますよ!」

 *****

【さくらこ】
「水着よし、タオルよし、マイクに、桶もオッケー。それじゃあ、さっそくお風呂へゴーです。……ふわ~。広い浴槽です。これは木……たぶんヒノキですかね? え~っと、この玉の湯にある『沙綿の湯』はですね、白濁した、少々トロみのあるお湯が特徴で、腰痛や生理痛に効果があるといわれているんです。ただ、このトロみのせいで、床がよく滑っちゃうそうなんですよ……ぉおっ、きゃひゃぁあっ!」

 ズデーン!

【さくらこ】
「い、痛たたたぁ……。腰、腰を打ちました……」

【温泉客A】
「お嬢ちゃん、大丈夫かい?」

【さくらこ】
「ああ、はい。ありがとうございます……。え~っと、台本のどこまでしゃべりましたっけ……?」

【マノミねこ】
「それはもういいにゃ。あ、転んだついでにさくらこのサービスカットも撮れたみたいだにゃ」

【さくらこ】
「ふえっ! ちょっと、そこは編集さんがっ、あぁ……痛ぁ……」

【マノミねこ】
「あー、伝えとくにゃ。それはさておき、腰痛にも効くみたいだし、湯船に入ってみたらどうかにゃ」

【さくらこ】
「あっ、それもそうですね。ではでは……、あっ、お湯の温度はぬるめなんですね。身体の芯までぽっかぽかになるような、そんな温度です。実際に湯船に浸かると、お湯がトロトロなのがはっきりわかりますね。ああ~、広いお風呂なんて久しぶりです」

【マノミねこ】
「それじゃあ、さっそく指令だにゃ。そこの湯船に、温泉客と混ざって女将がいるはずだにゃ。その人に話しかけるにゃ」

【さくらこ】
「わかりました……って、あきらかに雰囲気の違う温泉客がいるじゃないですか! 妙齢の素敵なナイスマダム。あの~、すみません、女将さんですか?」

【女将】
「はい。女将の早乙女珠子です」

【さくらこ】
「珠子さんっていうんですか。えと、失礼かもですが、ここにいらっしゃるということは……」

【珠子】
「はい。わたしもふたなりですわ。ふふ、玉の湯へようこそ、ふたなりさん御用達の、沙綿の湯はいかがかしら?」

【さくらこ】
「とっても気持ちいいです。このお湯って、お肌にもいいんですよね。トロトロのお湯でお肌もつるつるになってるみたいです。潤ってる感じがしますぅ」

【珠子】
「それはよかったですわ。そうそう、この温泉はこちらにも効果があるんですよ……❤」

【さくらこ】
「んへゅっ❤ い、いきなりっ、なにするんですかぁっ❤ わたしのタマタマ❤ きゅぅってぇ❤ 握られちゃってますよぉ❤ ひゃぅう❤ いつもよりぃ、気持ちよくなってるかもぉ❤ こんなにすぐにトロ声でちゃうなんてぇ……❤」

【珠子】
「沙綿の湯には精力増進効果もあるんですよ。どうですか? トロトロのお湯の中でキンタママッサージされる気分は……」

【さくらこ】
「えっ、えっと、こんなことぉ❤ はじめてでぇえ……❤ でも、気持ちいいですぅ……❤ ああ❤ 女将さんの指が、さくらこのタマタマをこりゅこりゅって刺激して❤ このままじゃ、チ×ポが、おっき❤ 勃起❤ ひゃぅ、なんだか、いつもより敏感になってるみたいぃ❤」

【マノミねこ】
「さくらこ、女将さんの前で粗相をしないようににゃ。射精なんてもってのほかだからにゃ」

【さくらこ】
「そ、そんなこと、言われても……❤ おお❤ おお❤ タマタマが、んひゅぅう❤ きゅんきゅんザーメン作ってる❤ お風呂の中で、チ×ポ発情❤ 温泉が効いてますぅ❤ああ❤ ちょ、ちょっと女将さん、んぅっ❤ ストップ、ストップ❤ いったん手を止めてぇ❤ 女将さんぅっ❤」

【珠子】
「どうぞ、お気になさらず。ただのサービスですわ❤ この温泉では入浴中に発情してしまう方がとても多いので、その性欲を処理してさしあげるんです❤」

【さくらこ】
「そ、そうなんですか❤ でもわたし、お仕事中ですし❤ ひぅっ❤ 水着越しにチ×ポもなでなで❤ トロトロお湯でチン皮がしっとりしちゃう❤ ああ❤ いま、温泉レポート中なのに、タマタマとチ×ポ刺激されたら我慢が出来なくなりますぅっ❤ ひゃぁ❤ お、女将さん、そんなにぴったり寄り添って❤ 身体を押し付けてきて❤ 女将さんの身体、柔らかくって、いい匂いがしますよぉ❤ やわらかタッチでチ×ポをシコシコ❤ 温泉のせいか、身体が熱くて、ふわふわして……ぇ❤ はぁ~❤」

【珠子】
「うふふ、とってもかわいい顔で感じてますね。そうだ、さくらこさん、温泉は飲んでも身体にいいんですよ?」

【さくらこ】
「ふぇ……❤ 温泉のお湯を……❤ 柄杓に一杯❤ では……、んん、んく……❤ ごく、ごく……❤ ぷはぁ❤ 飲んじゃいました❤ とろっとした温泉のお湯❤ 一気に飲み干しちゃいましたよぉ❤ んはっ❤ おおっ❤ 女将さん❤ なんだか身体が、疼いてきちゃってますぅう……っ❤ 温泉のお湯なのに、こんなぁ……❤ まるで、エッチになるお薬飲まされたみたいになっちゃってますよぉ❤ はぁ❤ 女将さん、女将さぁん……❤ さくらこのチ×ポ、乳首も、勃起しちゃってますぅ❤ マイクロビキニ持ち上げて、擦れて……おかしくなっちゃいますぅ……❤」

【珠子】
「いいんですよ、どんどん気持ちよくなってくださいね。ふふ、大きくてきれいなおっぱいですね……」

【さくらこ】
「んひぃっ❤ 乳首っ❤ 布越しに乳首をクリクリしちゃぁっ❤ おぉんっ、んっ、はぁあぁっ❤ 水着、脱がされちゃうぅっ❤ はぁ、ああっ❤ あっという間に水着脱がされちゃいました❤ 湯船にぷかぷか浮いちゃってます……❤ ああっ、そんなことよりもっ❤ 女将さんが……女将さんのおっぱいが、わたしのおっぱいを押しつぶしてきますぅ……❤ 女将さんのも発情乳首❤ コリコリ勃起が、わたしの乳首とぶつかって、にゅるんって擦れますぅっ❤ んはっ❤ ひゃぁんっ❤ 女将さんのオチ×ポも勃起してます❤ トロトロチ×ポ同士、擦れあってますよぉ❤ 女将さんのオチ×ポ熱❤ アツアツなのが、伝わってきますぅ❤ おおっ❤ 女将さん、これいいですぅ❤ ヌルヌルトロトロ性処理サービス❤ 最高ですよぉっ❤ こんなことしてもらったら、病みつきになって、毎日来ちゃうじゃないですかぁあっ❤ 女将さんのふわふわおっぱい❤ ガチガチオチ×ポ❤ いっぺんに堪能できる豪華サービス❤ エロエロ気分も盛り上がって、もう、チ×ポイッちゃいそうになってますっ❤」

【マノミねこ】
「こらこら、さくらこ、射精はだめにゃよ」

【さくらこ】
「そんなっ❤ マノミねこさん、無理ですよぉっ❤ お湯飲んで、発情して、全身敏感になっちゃってるんですぅ❤ 女将さんの勃起乳首、にゅるにゅるってぶつかるの、すごく気持ちいいっ❤ いいんですうっ❤ それに加えて、湯船の中ではオチ×ポちゃんばら❤ タマタマが鍔迫り合い❤ ここまでされて射精しないふたなりっ娘がいないわけないじゃないですかぁっ❤ もういいっ、挑戦は失敗でいいですぅっ❤ ムラムラ勃起チ×ポ、早く射精したくてウズウズしちゃってますからぁっ❤ 女将さんに、たっぷり性処理してもらっちゃいますぅうっ❤ ううぅ❤ ううぅ❤ チ×ポ、シコシコってぇ……❤ トロトロの中で女将さんがチ×ポ握って扱いてくれてますぅ❤ 優しい手コキでチ×ポ蕩けちゃいそうですぅ❤ つられてお顔も、だらしないトロ顔になっちゃいますぅ❤」

【珠美】
「それでは、続きは湯船から出て行いますよ……」

【さくらこ】
「ふぁっ、あっ、そうなんですか❤ それじゃあ、湯船から出ます……❤ ひゃぁっ、水着も脱がされちゃったから、わたしの発情ボディを隠すものがなんにもないですぅ❤ でも、水着を着ていたのはわたしだけでしたもんね❤ 普通は水着なんか着ませんもんね❤ ああ❤ ん、しょ……❤ ここに仰向けになればいいんですね❤ 勃起チ×ポを天井に向かって立たせていればいいんですね❤」

【珠子】
「そうですよ。では、失礼しま……す……❤」

【さくらこ】
「ええっ、女将さんが、わたしにまたがって❤ オマ×コくぱぁしながら腰をおろしてぇ……❤ まひゃか、まひゃかぁ……❤ チ×ポがぁ❤ 女将さんのオマ×コにキスしてますぅっ❤ ぬるぬるの先っぽが❤ ぬれぬれのオマ×コにぃ……❤ おほっ❤ んほぉぉっ❤ チンポが、女将さんのマ×コの中に入っていっちゃいましたぁあっ❤ ひゃぁんっ❤ ひゃぁあんっ❤ 女将さんのオマ×コ、トロットロですぅっ❤ チ×ポきゅんきゅん締め付けてきますぅっ❤ ひゃぁあ❤ ひゃぁあ❤ アツアツのオマ×コに❤ チ×ポをモグモグされちゃったらぁ❤ さくらこのチ×ポ蕩けてなくなっちゃうぅっ❤」

【珠子】
「それはよかったですわ❤ お客様のもとっても立派❤ ハメ心地抜群の素敵なオチ×ポですわ❤ それでは、女将のドスケベ壺洗いを存分に堪能してくださいまし……❤」

【さくらこ】
「ひゃぉんっ❤ ほぉおんっ❤ 女将さんのオマ×コすごいぃっ❤ オマ×コの襞が、ねっとりチ×ポに絡みついてぇ❤ わたしのチ×ポを、全方向からベロベロ舐めまわしてくるみたいですぅ❤ それにぃ❤ それにぃ……❤ 女将さんがエロぃいっ❤ オトナの色香がムンムンのぉ❤ むっちり発情ふたなりボディ❤ 勃起チ×ポを上下させながらの騎乗位ピストン❤ M字開脚でオマ×コがパックリ開いているのが全部見えちゃってますぅうっ❤ 女将さんで発情ぉ❤ 温泉で発情ぉ❤ ハメハメサービスで発情ぉ❤ まさに発情のフルコースですぅうっ❤ 頭ン中、チ×ポでいっぱいになっちゃいますよぉ❤ はぁあ❤ はぁあ❤ 女将さんのオマ×コが、がっちしチ×ポをホールドしてますぅ❤ はぁんっ❤ はぁあんっ❤ 腰をクネクネ❤ チ×ポ、ぐちゅぐちゅってされてますぅ❤ つぷつぷ❤ ぬぷぬぷ❤ 前後に腰を動かしてぇ❤ 女将さんのぐぢゅぐぢゅオマ×コ、おお❤ すごく気持ちいい❤ ああ❤ 蕩けちゃう❤ チ×ポトロトロになっちゃいますぅっ❤ ふふふぅ❤ むふふぅ❤ こんどは上下にじゅぽじゅぽピストン❤ 両手を後ろにまわして、おっぱいも、チ×ポも、全部さらけ出してますぅ❤ むっちりセクシー女将ボディが、上下に激しく❤ これでもかってくらいにザーメンを誘ってますぅ❤ このまま女将さんにザーメン搾り取られちゃいますぅ❤ 女将さん、射精ぇしちゃってもいいんですか❤ 発情ふたなりチ×ポから、どろどろのザーメンをどびゅどびゅしちゃってもいいですか……ぁ❤」

【珠子】
「もちろんですわ❤ ですがその前に、ほかのお客様をお呼びしましょう❤ 皆さん、お客様のアヘ声レポートでオチ×ポがガチガチになっていますわ❤」

【さくらこ】
「へゃっ❤ ああっ❤ 本当ですぅ❤ みんな、ふたなりチ×ポをシコシコしてます❤ わたしと女将さんをオカズにしてますよぉお❤ みなさん温泉効果で発情してるんですね❤ ああん❤ シコって❤ わたしたちをオカズにしちゃってくださいぃ❤」

【温泉客A】
「もちろん❤ いわれなくったって、お嬢ちゃんのドスケベ顔で、勃起チ×ポあっという間に射精しちゃうよぉっ❤」

【温泉客B】
「まさかっ、さくらこちゃんの生アヘ顔見れるだなんてぇっ❤ もうっ、一生ズリネタにしちゃいますぅうっ❤」

【温泉客C】
「女将さんの腰振りもエロいわよぉ❤ はぁあ❤ 本当にこの温泉はオカズにこまらないわぁ❤ ああぁぁ❤」

【スタッフ】
「いいよっ❤ いいよぉ❤ さくらこちゃんのスケベ顔ぉ❤ この映像なら今回もお茶の間のオナペットになれちゃうよ……っ❤」

【さくらこ】
「ひゃぁっ、スタッフさんまで自分のふたなりチ×ポ扱いてるぅっ❤ もうっ❤ お仕事そっちのけでオナニーしちゃいけないのにぃっ❤ でも、許しちゃうっ❤ この浴場の中にいるだけで、チ×ポムラムラしちゃうもんねっ❤ ふたなりっ娘の発情チ×ポがいっぱいだから、しかたないねっ❤ だから、もっと❤ チ×ポ扱いてくださぁいっ❤ ひゃぁっ❤ ひゃぁあああっ❤ オカズになっちゃってる❤ 女将さんのエロエロサービス受けながらぁ、アヘ顔さらしているところ、オカズにされちゃってるぅ❤ わたひもぉ❤ 皆さんのセンズリ見ながら興奮しちゃいますぅ❤ 目の前にチ×ポがいっぱい❤ センズリがいっぱいぃっ❤ オマ×コまでぐちゅぐちゅいじりながらのふたなりセンズリ❤ エロエロですよぉっ❤」

【珠子】
「お客様、ンッ❤ オチ×ポが硬くなっていますわ❤みなさんのズリネタにされて、たくさん感じていらっしゃるのですね❤」

【さくらこ】
「ひゃぃいっ❤ そぅっ、そうですぅっ❤ わたひっ、ズリネタにされてチ×ポ勃起させてますぅっ❤ んひゅー❤ んひゅー❤ みんなに見られながらますます興奮しちゃってるぅ❤ 女将さんの騎乗位生ハメサービス❤ チ×ポでたっぷり味わってだらしないお顔になってるところぉっ❤ おおぉ❤ おおぉ❤ ドスケベとまりゃにゃいぃっ❤ タマタマがドッキュン❤ ドッキュン❤ 高鳴ってザーメン作っちゃってるのぉっ❤ ああっ❤ イクゥッ❤ もう我慢できませんぅっ❤ 女将さんのマ×コに射精ぇしちゃいますっ❤ 発情こってりザーメン、どびゅどびゅってしちゃいますからぁああっ❤ あああぁぁぁあああぁぁっ❤」
   
 びゅぐびゅぐぅううっ! びゅぐんっ! びゅくっ! びゅくびゅくぅっ! ぼびゅりゅりゅっ! ぼびゅびゅるっ! びゅぐびゅぐびゅるるぅうっ!
   
【さくらこ】
「ふほぉぉおおおおっ❤ でてりゅぅっ❤ でてりゅぅっ❤ 女将しゃんのオマ×コにぃ、でちゃってりゅぅうっ❤ ああっ❤ ああっ❤ 女将しゃんのオマ×コ、しゅごぉいひぃいっ❤ 射精ぇしてるチ×ポをさらに締め付けぇ❤ ザーメン搾り取られりゅぅうっ❤」

【珠子】
「熱くてっ❤ プリプリッ❤ すっごい量ぉっ❤ ああっ、わたしまで射精してしまいますわ❤ みなさんも、一緒に……ぶっかけましょう……❤ ああっ、ああぁぁああっ❤」
   
 びゅるるるぅうっ! びゅるるっ! びゅるるるぅっ!
 びゅくびゅくびゅくぅっ! びゅびゅっ! びゅびゅびゅぅっ!
 びゅくんっ! びゅっくん! びゅくびゅくぅっ!
 びゅりゅりゅぅううっ! びゅくん! びゅくびゅくびゅくんんっ!
   
【さくらこ】
「はぁあああ❤ ああぁぁああぁぁ❤ ドロドロのふたなりザーメンが、全身にぃ❤ ひゃぁんっ❤ ああぁん❤ みなさんの発情チ×ポミルク❤ 熱くて、とってもスケベな匂いがしますぅっ❤ ああ❤ 全身にたっぷり❤ チ×ポ汁デコレーション❤ こってりプリプリザーメンパック❤ こんなにぶっかけられたの初めてですぅ❤ ああっ❤ ああっ❤ ぶっかけだけで、またイキそっ❤ ンンッ❤ イッちゃうっ❤ んんんぅううぅぅぅっ❤」
   
 ビクンッ! ビクッ! ビクビクビクッ!
   
【さくらこ】
「はぁあ❤ ああ❤ 久しぶりに、オマ×コの方でもイッちゃいましたぁ❤ はぁ……❤ はぁ……❤ それでは、これで温泉レポートを終わりまぁす❤ わたしは、もうちょっと温泉を堪能してきますねぇ❤ さくらこでしたぁ❤」


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/926-8299a99b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。