FC2ブログ
一人でできることは一人でやれ。みんなでやることはみんなにやらせろ。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:53:29
*過去にとりあげたものはこちらから

 はいっ、今回も始めていきますよ。
「ええ……って、地の文、前回の終わり方を忘れたわけじゃないわよね?」
 覚えてますけど、まあ、本編と関係ないところに時間をとっても関係ないかなって。アカシャ、この万事珍事のメインはアカシャが読んだ世界の紹介です。我々の痴話げんかではないのですよ!
「喧嘩を売ってきたのは地の文の方でしょ! まったくぅ……」
 とにかく、いきますよ、今回はこちらです!


濡れる温泉郷 年上美女の誘惑祭りにようこそ (リアルドリーム文庫 101)
「リアルドリーム文庫は久しぶりかしら?」
 更新頻度も下がっているのでなんとも……。まあ、久しぶりだと思います。ところで、今回はどんな世界だったのでしょうか。
「主人公は、小説『紅の祭』の舞台である温泉宿へ住み込みでアルバイトをすることになるの。そこには、彼の叔母である蘇芳雫がいたわ」
 熟女らしいムチムチなヒロインでしたね。大人の色気がムンムンしてました。しかも主人公との最初のセックスがアナルという、序盤から飛ばしている印象でしたね。
「あとは、雲居神社の巫女、桂美月。土産物屋の看板娘、柊寿々香。どちらも、主人公より年上よ」
 その土地の風習のせいもあって、主人公を誘惑してくるんでしたね。
「もう一人は新城尚子。美大生ね。主人公と同じく、小説の舞台となったこの土地へとやってきたってことになっているわ」
 性に関してはおく手でしたね。いや、ほかのヒロインが節操無しのような気もしますが……。とりあえず、この人も重要なヒロインであることには間違いないのですが……。
「どうしたの、地の文?」
 いやですねぇ、アカシャ。地の文、このヒロインと主人公がくっつく要素があったのかなって思ったんです。そりゃあ、同じ小説のファン同士っていうつながりはありましたけどねぇ。
「うーん、たしかに、そこは釈然としない感じがしたわ。でも、小説の流れにそっていくなら、彼らは村にとどまらないべきだもの。そう、この世界は小説の舞台の聖地巡礼っていうのが軸になっているのよね」
 小説の登場人物のモデルになった女性が相手でしたからね。そして、そこで行われている祭も実在しましたね。
 あれはきっと村総出の乱交祭りですね! 雲居神社もセックスの神様を祭っている神社ですし!
「なんで急にテンションが上がってるのよ」
 いやいや、アカシャ、祭って言うのは昔からテンションをあげ、性欲を解き放つのです。ほら、アカシャだって、花火大会の裏でセックスしているカップルがいる世界を何度も見てきたでしょう?
「まあ、そうだけど……」
 というわけで、みちのく芸能祭は八月二日から四日まで。四日には北上展勝地で花火大会が開かれます! ぜひ、おこしくださいね!
「関係ない宣伝をするんじゃなぁい!」


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://unrealgraffiti.blog20.fc2.com/tb.php/951-63fb51de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター
ようこそ
人目の旅人様
プロフィール

誘宵

Author:誘宵
ものかきやってます。
こっちのブログはもう更新しないので、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。